2006年10月27日

パソコン選びのポイント

パソコンの購入の際に機種選びで大変悩むと思います。できれば安く買いたいです。しかしあれもこれもと欲しい機能を搭載したパソコンを選んだら予算をはるかにオーバーしてしまうと思います。大事なのは自分に必要なパソコンの機能や性能をよく知ることです。まずは、自分の目的を明確にすること。これが一番大切。といあえずパソコンを勉強してみたい。それでも結構です。それならそう高いスペックは必要ありません。目的が明確でないとパソコン選びは決してうまくいきませんから。
posted by ベスト電器ファン at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン選びのポイント

デスクトップ型の種類

NLX規格

このタイプは、拡張性を犠牲にする代わりに400mm×400mm×90mm程度の大きさにまとめた本体で
性能的には、若干他モデルより低いですが、モデムやオーディオなどをオンチップとして組み込んでいる為
普通にご使用される分には問題無い性能を持っていますし、省スペースはなにものにも変えられません。
最近のキューブ型ケースも、こちらにカテゴライズされます。
拡張性はほとんどないです。

デスクトップ型

以前は一番オーソドックスな型でした。
性能的にも、拡張性にしても、普通。または、多くも少なくもないといった言い方で形容されます。
現在は、あまり見かけない型になりました。
拡張性として、AGPスロット、又はPCIスロットが1〜2本・メモリスロットの空きが1本
3.5インチの空きが1個・5インチベイの空きは無しというのが一般的で
す。

一体型

本体と画面が一体となっている型で、性能・省スペース・拡張性はどれをとっても専用機にはかないませんが
程々の性能と程々の省スペース、また配線が殆ど必要ないのが、この型のメリットといえます。
また、形が従来のパソコンとは違いファッション性の豊かな商品もあります。
 拡張性は殆どありません。デスクトップ型と言うより、オールインワン・ノート型が大きくなったと思っていただければ
間違いないと思います。
posted by ベスト電器ファン at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン選びのポイント

ノート型の種類

オールインワンタイプ(A4〜サイズ)

この商品は、殆どの機能がデスクトップ型に準じており画面のサイズも一般的に大きめです。
初めて買う方には、この型をお薦めいたします。
本体に、FDD・CD−ROM・大容量HDD等が備わっており遜色無く使用できます。
但し、その分重い為に携帯用としては向きません。
重量は3〜4kg、画面は12.1〜17インチ程度、キーボードのキーはノートに中では大きめで打ちやすい。
テレビパソコンと言われるタイプも、こちらに入ります。

携帯型(A5〜B5サイズ)

この商品は、携帯性向上のため幾つかの機能が削除されていたり、オプションによる外付けのことが多い。
特に、FDD・CD−ROM等は外付けになってしまう。
その為、再セットアップなどが難しく、初心者には余りお勧めできない。
 但し、とても軽く小さい為持ち歩いても、余り邪魔にならない。
1メーカーに1商品程度は、異常にバッテリの持ちが良い機種があるが大抵このタイプ、キチンと外で使えるように
設計してあることが殆どである。たまに反射型の液晶パネルを使って、更に省電力性を上げているモデルがあるが
室内だと、画面が反射して意外に使いにくい。CPUの性能は、今時の物と比べると性能が低い。
重量は1〜1.8kg 但し、100gでも軽い方が楽。出来ればバッテリが2個付いているモデルを買うと
使い勝手が良いかも。画面は11〜14インチ程度、当然大きい物は高価で重い。キーボードのキーは小さく変則的で若干打ちにくい。
マウスやプリンタ等は、ポートリプリケーター等の中継器を介して繋げられることが多い。ただ最近ではUSBコネクタだけは本体に
持っていることが多いので、それ程困らないかも。
また、拡張性としてPCカードもTYPE2を、2枚程度入れられる。
私的には、ノートで価値のあるのはこれだけだと思う。

モバイル型

機種は多種多様。
大きさは、携帯タイプの6割程度の大きさ〜システム手帳並。
機能的に、突出しているため自分に有ったタイプがあれば買いです。
但し、機能対比で価格は若干高めです。
posted by ベスト電器ファン at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン選びのポイント

掃除機(クリーナー)を選ぶときのポイント

クリーナーを選ぶときのポイントをあげてみましょう。


まず、紙パック方式とサイクロン方式との違いをみてみます。
紙パック方式の場合は紙パックを使用しますが、サイクロン方式の場合は紙パックは不要です。
紙パック方式では、吸い込んだごみと空気を紙パックへ通すことで分離します。
それに対して、サイクロン方式の場合、遠心力によりごみと空気を分離させます。


紙パック方式とサイクロン方式とで、特にどちらがおすすめということはありませんが、紙パックを使用したくない場合は、サイクロン方式になります。
ただし、サイクロン方式の場合、ごみ捨て時や約1ヶ月に1回程度、フィルターの手入れが必要となります。


排気については、紙パック方式とサイクロン方式とでは、特に大きな差はありません。
じゅうたんの多い家庭や、ペットを飼っているような場合、パワーヘッドタイプのクリーナーが良いでしょう。
posted by ベスト電器ファン at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 掃除機(クリーナー)選びのポイント

2006年10月17日

ニーズに沿ったテレビ選びを

ベスト電器で大画面テレビを買う

テレビ選びのポイントにはいくつかありますが、今買うなら、最低でも、デジタル放送に対応しているものを選びたいものです。あとは、ご自分のニーズに合わせて選ぶといいでしょう。今は主に液晶とプラズマのどちらかになりますが、たとえばこんなふうに。


 ・壁にくっ付けて設置したい → 発熱量が少ない液晶テレビ

 ・目が疲れやすい → 色が綺麗で目に優しいプラズマテレビ

 ・電気代を節約したい → 消費電力が低い液晶テレビ

 ・大画面で楽しみたい → 大きくなるほどプラズマテレビの方が安い

 ・小型で軽いものが欲しい → 移動もラクラクの液晶テレビ

 ・アクションものが好き → 残像感がないプラズマテレビ

 ・長持ちさせたい → 液晶テレビ


 テレビは今や決して安い買い物ではないので、購入の際はテレビの特性と自分のニーズをしっかり吟味することをお勧めします。
posted by ベスト電器ファン at 15:40| Comment(0) | TrackBack(1) | テレビ選びのポイント

テレビ選びのポイント

ベスト電器で大画面テレビを買う

テレビ選びのポイントは、まず何よりも、購入者が自分のニーズをはっきりさせることです。


 テレビは今、アナログ放送からデジタル放送への移行期を迎えています。地上アナログ放送は2011年で終わりますので、今買うなら、デジタル放送に対応した機種を選んだ方が無難でしょう。しかしその場合、選択肢が、製造年月日が比較的新しい国産メーカーのものに限られますので、テレビは決して安い買い物ではありません。


 予算はいくらか、どんな番組を見たいか、どこに設置したいか、どのくらいの大きさがいいか、電気代を気にするか、目の健康状態はどうか、どのくらいの人数で見るか、どの程度長持ちさせたいか――等々。


 テレビを購入する際は、上記のテレビ選びのポイントを吟味し、その条件に当てはまるものを求めるようにすることが、後悔のないテレビ選びにつながります。
posted by ベスト電器ファン at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ選びのポイント

液晶、プラズマの長所と短所

ベスト電器で大画面テレビを買う

テレビにおける液晶、プラズマの違いとして、以下の長所と短所が挙げられます。


 液晶の長所は消費電力が低く、寿命も比較的長く、低反射性であること。また、液晶は元々は小型のタイプに適した機種なので、40V型以下のものを求めるなら、液晶がいいでしょう。

 液晶の短所としては、応答速度が遅く、速い動きのあるシーンでは残像感があること。また、コントラストが低い、視野角が狭い、ブラウン管に比べて輝度・色彩表示能力が劣るなどの問題があります。


 プラズマの長所は、大画面化が容易であること。そのため、大画面になればなるほど液晶よりも安くなります。また、液晶と比べると視野角も広く、応答速度も速いです。

 プラズマの短所としては、消費電力が大きく、発熱が大きいことが挙げられます。そのため、壁と平行に設置する場合は放熱のためのスペースが必要となり、薄型のメリットが活かしづらくなります。また、高精細化・小型化が困難です。
posted by ベスト電器ファン at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 液晶、プラズマの違い

液晶、プラズマの違い

ベスト電器で大画面テレビを買う

テレビは、現在市販されているものは、液晶・プラズマといった薄型が主流で、国内メーカーは従来のブラウン管テレビの製造を既に打ち切っています。


 液晶、プラズマの主な違いは、以下のとおりです。


 液晶テレビは、文字通り液晶パネル(LCD)を採用したテレビです。当初はポータブルの小型のみが出回っていましたが、最近では技術の向上により、大画面のものも販売されるようになりました。


 プラズマテレビは、PDP(プラズマ・ディスプレイ・パネル)を採用したテレビで、こちらは大画面のものに適しています。当初は高価格だったため、業務用としての使用がメインでしたが、最近低価格化が進んだため、家庭用の大型テレビとしても需要が高まっています。
posted by ベスト電器ファン at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 液晶、プラズマの違い

アナログ受信とデジタル受信の機器の違い

ベスト電器で大画面テレビを買う

テレビは、アナログ受信とデジタル受信では、必要な機器が若干違ってきます。


 アナログ受信のみなら、従来のテレビで十分です。しかし、地上アナログテレビジョン放送は2011年に停波されるので、それまでにテレビの買い替え、もしくはデジタル受信対応の外部チューナーの購入が必要になります。


 現在市販されている国産のテレビは、地上アナログ・地上デジタル・BSデジタル・東経110度CSの4種のチューナーを搭載したものが主流になっています。今後新たに購入する場合は、地上アナログの停波についてはさほど心配することはないでしょう。


 ただし、発売日が古いテレビや極端に安いテレビに関しては、購入の際はデジタル受信が可能かどうかの確認が必要です。また、海外メーカーのテレビは、基本的にアナログ受信のみの対応です。
posted by ベスト電器ファン at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | アナログ受信とデジタル受信について

アナログ受信とデジタル受信について

ベスト電器で大画面テレビを買う

テレビの受信方法には、アナログ受信とデジタル受信の2種類があります。


 アナログ受信もデジタル受信も、電気信号化された映像を電波やケーブルから受けて視聴するという点は共通しています。アナログ受信の場合はアナログ変調方式で、デジタル受信の場合はデジタル変調方式で変換・伝送された映像を受信することになります。


地上アナログテレビジョン放送は2011年7月24日をもって全国一斉に停波される予定です。アナログ受信のみに対応している従来のテレビでは、その後は一切のテレビ放送が見られなくなるため、デジタル受信に対応したテレビへの買い替え、もしくは追加装備が必要になります。
posted by ベスト電器ファン at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | アナログ受信とデジタル受信について