2006年10月17日

アナログ受信とデジタル受信の機器の違い

ベスト電器で大画面テレビを買う

テレビは、アナログ受信とデジタル受信では、必要な機器が若干違ってきます。


 アナログ受信のみなら、従来のテレビで十分です。しかし、地上アナログテレビジョン放送は2011年に停波されるので、それまでにテレビの買い替え、もしくはデジタル受信対応の外部チューナーの購入が必要になります。


 現在市販されている国産のテレビは、地上アナログ・地上デジタル・BSデジタル・東経110度CSの4種のチューナーを搭載したものが主流になっています。今後新たに購入する場合は、地上アナログの停波についてはさほど心配することはないでしょう。


 ただし、発売日が古いテレビや極端に安いテレビに関しては、購入の際はデジタル受信が可能かどうかの確認が必要です。また、海外メーカーのテレビは、基本的にアナログ受信のみの対応です。
posted by ベスト電器ファン at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | アナログ受信とデジタル受信について

アナログ受信とデジタル受信について

ベスト電器で大画面テレビを買う

テレビの受信方法には、アナログ受信とデジタル受信の2種類があります。


 アナログ受信もデジタル受信も、電気信号化された映像を電波やケーブルから受けて視聴するという点は共通しています。アナログ受信の場合はアナログ変調方式で、デジタル受信の場合はデジタル変調方式で変換・伝送された映像を受信することになります。


地上アナログテレビジョン放送は2011年7月24日をもって全国一斉に停波される予定です。アナログ受信のみに対応している従来のテレビでは、その後は一切のテレビ放送が見られなくなるため、デジタル受信に対応したテレビへの買い替え、もしくは追加装備が必要になります。
posted by ベスト電器ファン at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | アナログ受信とデジタル受信について