2006年10月17日

液晶、プラズマの長所と短所

ベスト電器で大画面テレビを買う

テレビにおける液晶、プラズマの違いとして、以下の長所と短所が挙げられます。


 液晶の長所は消費電力が低く、寿命も比較的長く、低反射性であること。また、液晶は元々は小型のタイプに適した機種なので、40V型以下のものを求めるなら、液晶がいいでしょう。

 液晶の短所としては、応答速度が遅く、速い動きのあるシーンでは残像感があること。また、コントラストが低い、視野角が狭い、ブラウン管に比べて輝度・色彩表示能力が劣るなどの問題があります。


 プラズマの長所は、大画面化が容易であること。そのため、大画面になればなるほど液晶よりも安くなります。また、液晶と比べると視野角も広く、応答速度も速いです。

 プラズマの短所としては、消費電力が大きく、発熱が大きいことが挙げられます。そのため、壁と平行に設置する場合は放熱のためのスペースが必要となり、薄型のメリットが活かしづらくなります。また、高精細化・小型化が困難です。
posted by ベスト電器ファン at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 液晶、プラズマの違い

液晶、プラズマの違い

ベスト電器で大画面テレビを買う

テレビは、現在市販されているものは、液晶・プラズマといった薄型が主流で、国内メーカーは従来のブラウン管テレビの製造を既に打ち切っています。


 液晶、プラズマの主な違いは、以下のとおりです。


 液晶テレビは、文字通り液晶パネル(LCD)を採用したテレビです。当初はポータブルの小型のみが出回っていましたが、最近では技術の向上により、大画面のものも販売されるようになりました。


 プラズマテレビは、PDP(プラズマ・ディスプレイ・パネル)を採用したテレビで、こちらは大画面のものに適しています。当初は高価格だったため、業務用としての使用がメインでしたが、最近低価格化が進んだため、家庭用の大型テレビとしても需要が高まっています。
posted by ベスト電器ファン at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 液晶、プラズマの違い